絶対マイホームが欲しい!

マイホームを購入するメリットって?

マイホームを購入する事で住居および土地の所有権を得る事が出来ます。賃貸の場合とは異なり、ローン返済が完了することで住んでいる住宅は自分の物になると言うのが特徴です。 因みに、マイホームを購入する場合、大半が住宅ローンを組むことになりますが、ローンを組んだ時に金融機関はローン担保として土地および建物に対して抵当権を設定します。 抵当権はローンの支払いが困難になった際、ローン担保になっている住宅を売却し、債権の回収を行える権利を持っており、ローン返済が完了するまでの間は完全には自分の物になるのではないのです。 しかし、住宅ローンを全て支払うことで抵当権を解除することが出来るため、完全なる所有権を得られるようになります。

マイホーム購入には計画が大切です

賃貸アパートに住んでいる人がマイホームを購入しようとする場合、ある程度の頭金を用意することが大切です。 頭金が多く在れば在るほど、住宅ローンの借入額を抑えることが出来るからです。 尚、マイホーム購入を行う時には色々な諸費用が必要になります。 住宅ローンを借りる時の手数料、登記費用、司法書士に登記申請等を依頼する場合には報酬、仲介物件の場合には仲介手数料、引越し費用と言った諸費用が必要で、これらのお金は自己資金からの支払いになるため、頭金の中から諸費用を支払う事が必要になります。 そのため、マイホーム購入を行う場合には、諸費用がどのくらい必要になるのか、頭金から諸費用を差し引いた残りの額が幾らになるのか、住宅ローンを幾ら組むことが出来るのかを知ることが大切です。

新築一戸建ては、財産価値が高い物件のひとつであり、それぞれの家庭のライフイベントに対応しやすいことがメリットです。